art work 2017

『運命を手繰る』 S3

「運」:その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせ。

でも私は、運とは言葉や行動が長い時間をかけて、少しずつ手繰り寄せていくものだと思います。

自分で選んだ行いは、ずっと未来に自分ではどうしようもない力になって必ず帰ってくる。

悪いことをしたらいつか痛い目をみる。

『痴情のもつれ』 210×273

そうじゃないのをわかっているのに

もしかして 本当は

そんな妄想がどんどん溢れてきて、相手の顔が見えなくなっていく

『知情のもつれ』 210×273

いいことも悪いことも本当も妄想も、

どんどんこんがらがって、最終的に嫌な気持ちが残っていく

考える過ぎるのはよくない

『わだかまりの声』 210×273

もやもややいらいらに耳を澄ませると、見えるものがあるかもしれない

『内在する激昂』 210×273

『鬱積の浄化』 210×273

『蝸角の争い』 S3

絵画みたいな漫画があったり、伝統芸能が流行を取り入れてみたり

サブカルチャーハイカルチャーっていう線引きはどんどん曖昧になっていく。

だけどどうしても線を引こうとしてしまうのは、自己顕示欲がマウンティングし合ってるせい。

『精帰巣』1167×729

『卵帰巣』 1167×729

一番の絶対的な

『あなたといると心が安らぐ』 SM

『誰も私に触れないで』 SM

『巣食うもの』 F50

『憂』S25

『志』 S25

『心身間エンジェルハイウェイ』  M8

精神世界と体を繋ぐ高速道路が「神経」だと思います。

「神」という言葉を付けられたことには、きっと意味がある。

180×180

上から

・『導き』

・『なかよし』

シザンサスの花言葉「いつまでも一緒に」

・『共に歩む』

アングレカム「いつまでもあなたと一緒に」

・『おやすみ』

コーヒーの花言葉「一緒に休みましょう」

・『おまもり』

藤の花言葉「歓迎」

・『寄り添う』

スノードロップの花言葉「慰め」

『感懐に立つ花』 A3

恋愛は人生の中で大きな比重を占めると思います。

両思いでも片思いでも、一人の人間に向き合って心が揺れ動いた記憶は、強く心に残るものです。

その記憶は月日が経っても自分の芯に咲き続けて、次の恋愛の糧になっていきます。

過去を振り返って、失敗を繰り返さないように、相手を思い遣れるように、

そうして人は少しずつ成長しているのだと思います。

いつか茎の頂上に一輪咲くの薔薇のように、

ずっと一緒に未来を見ることのできるパートナーに、巡り逢えたらいいと思います。